時は満ちた!帝国ホテルポイント交換の巻

体験レポート

クレジットカードを利用するともらえるポイント。
貰えるならうれしいな…程度だった私が、
突如、集めはじめたポイントがある。
それは、帝国ホテルの「インペリアルクラブポイント」。

ポイントで交換できるアイテムが凄い!
貰って困るもの皆無と言っていいと思う。
私の場合、ポイントに執着するあまり、昨年11月の入会以来、日常の買い物はもちろん電気・水道・ガスまで支払いは殆どインペリアルカード1枚に集約している始末。
昨年のインペリアルクラブカード申し込みの私の狂乱の一部始終は、こちらでどうぞ

ポイント加算の仕組みは、月間の利用額5000円ごとに、
帝国ホテルグループ利用だと2ポイント、それ以外は1ポイントが貯まる(私の所持している一般カードの場合)。
時々開催される「ポイント5倍キャンペーン」もチェックしながら、ためること数ヶ月。
ついに、ポイント交換の日がやってきた。果たして累積ポイントは一体いくらあるのか?
プレゼントの案内状が郵送で届いた。

539ポイント!
実質5ヶ月間の合計だが、あら少ないんじゃない?と思うなかれ。
これが結構スゴいのだ。

まず、グルメ部門
帝国ホテルのお馴染みのスープセットなら5セット(45缶分)に交換できる!
さらに、開業130周年記念のスープディナーセットなら4セット(60缶分)相当。

東京と大阪の帝国ホテルで使える、レストランでのお食事部門は…
ペアディナー券なら1枚だが、アフタヌーンティー券+ランチ券A+ランチ券Bの組み合わせなら、最大3枚。
アフタヌーンティーを頂いた上、インペリアルバイキングランチと鉄板焼『嘉門』にも行けます。

さらに、夢が広がる宿泊券の部門は…
スーペリア宿泊券にはじまり、今年限定の130周年記念の「スイートアップグレード券」も登場。
スタンダードルームの宿泊料金で、タワー館のスイートルームに泊まれるのです。わぁ!

開業130周年記念の商品は、特にオトクな内容。
「帝国ホテルご利用券」(1万円分)なら、2万円分交換してもまだポイントが残る。

…なんてホワホワと夢を見ていたら、こんな浮世離れしたものが目に飛び込んできて、我が目を疑う↓

まさか、これもポイントで…?

5000ポイント貯めるのには、一体何を買ったらいいのかしら?
私のカードだと、限度額ギリギリまで使ってもぜんぜん届かないワケだけど、
160平米以上もある客室なんて、見学だけでもしてみたい!

それにしても、かつて帝国ホテルに泊まったセレブたち…チャップリンやマリリン・モンローとジョー・ディマジオ、クリントン元大統領もこの賓客用スイートに泊まったのかしら。

それにしても一泊どれ位するんだろう…と興味本位で調べたら、

ひゃくさんじゅうまんえん…?

想像をフワッと超えた。
ちなみに、お金さえ払えば誰でも泊まれるという部屋ではないらしい。
だとすると、これこそポイント交換で手にする価値アリ!なのかもしれない。


浮世の私は、結局悩み悩んで…
300ポイントで「ランチ券B」に交換を決める。
帝国ホテルのメインダイニング「フランス料理 レ セゾン」か「鉄板焼 嘉門」「なだ万」での昼食。
日頃は絶対に行けそうにないレストランも、ポイントで楽しめるなんて…夢のよう!
そして…

じつは、一年間は繰越が可能なインペリアルクラブポイント。
残った239ポイントは持ち越して、来年は本館インペリアルフロアのジュニアスイートを狙ってみよう!

俄然やる気がみなぎって来た。
よ〜し!がんばるぞ。
今年も楽しませてくれてありがとう、インペリアルクラブ。
燃え盛る情熱を胸に、今年もポイント集めに勤しみたいと思います。

帝国ホテル関連のブログは、こちらもどうぞ↓

「インペリアルクラブカードがやってきた!」

「帝国ホテルで食べ放題!インペリアルバイキングクラブサールの宴」