ボリューミーとはこういうこと!人気のえびそばと千葉房総ドライブ①

その他のエリア

住吉飯店@千葉県/ 安房勝山駅

バイクが趣味の夫が、オススメの中華料理店に連れて行ってくれるというので、
千葉の房総半島にある「住吉飯店」 へ。
たしかに、ツーリングを楽しむライダーたちにも人気らしく、今日も複数台のバイクが駐輪中。
駐車場完備なので、車でも安心だ。
さっそくオープンと同時に店内へ。


迷わずカウンターに着席。気分はもうアトラクションの最前席。
息のあったチームプレーで厨房の人々がどんどん料理を作って行く。
蒸籠からもうもうと上がる蒸気、赤い炎をボーボー燃やしながら振るう中華鍋…イイ。
なんだか香港の路地裏のお店に来たようだ。

おばさんがオーダーを取りに来たので、夫おすすめのえびそばを注文。

「ボリュームがすごいんだ。えびそば」
「え?なんの?えびの?」と聞いた私は馬で鹿だった


うわあぁぁぁ。
ボリュームがすごいって全方位にだった——————-!

あっさりした塩味のとろみのきいた熱々のスープに細麺、野菜、そしてエビ!
美味しい。そしてすべてが半端ないボリューム。
あふれる前提なので、升酒のように、丼ぶりには受け皿がついてくる(!!)
「ようこそ!我が店に来てくれてありがとう!ゆっくり食べていってね」
という歓待感をびんびん感じるのだった。

なぜか、エビらのうち代表1匹は、どんぶりのフチにちょこんと掛けてある。
まわりのお客さんのえびそばもみんなそうだから、偶然じゃないよね。

もう、こうなったら、「一体えびは、いくつ入っているのか?」ということで数えてみた。


このプリプリの海老ちゃんが…  出るわ出るわ…

総勢21ぴき!(食べるのに夢中で、1、2匹カウントし忘れたかも)
これで980円は、えびたちに申し訳ない。ごめん。でもおいしく完食したからゆるして。


住吉飯店は、勝山港通り商店街にある。
地元の人が使う小さなスーパーや洋品店、魚屋さんなどが軒をつらね、
奥のほうまで歩いて行くと、ふんいきのよい小さな漁港にいきあたる。

ビジュアル的には、えびそばに勝るとも劣らないインパクト度のもやしそばも、二枚看板のひとつとして後ろにひかえている。
今回はビビりで挑戦できなかったけど、次回こそトライと心に誓うのだった。

住吉飯店

千葉県安房郡鋸南町勝山430
0470-55-0255
11:00~15:00、17:00~21:00
日曜営業、水曜定休。