草食系のみんなは知ってる、神宮前の優しいフォーとヘルシーなブン

原宿・神宮前

Pho 321 Noodle bar(フォー スリー ツー ワン・ヌードルバー)@神宮前

「ベトナム料理がヘルシーだから、ベトナム女性はみんなスリムなんだ」と
勝手に思いこんでいたもんだから、知人のベトナム人グエンさんに、
「違うよ。痩せるために野菜をみんながんばってたくさん食べてるだけ。ベトナムは野菜はけっこう高いんだよ」と言われたときは、ちょっと驚いた。
なんか、自動的に痩せるシステムみたいに思ってたけど、
スリムな体型は、努力の賜物だったのね!
どこの国も同じだ!

といいつつ、ベジタブルを食べると健康的に痩せられるのは間違いなさそうで、
ヘルシーランチを食べたい時、神宮前でおすすめなのはここ!
『Pho 321 Noodle bar(フォー スリー ツー ワン・ヌードルバー)』


野菜たっぷりのフォーとブンのベトナム麺専門店。インテリアも素敵な店内。
それもそのはず、ご近所でインテリアショップやコーヒースタンドを運営する、
ランドスケーププロダクトがプロデュースしているお店らしい。
道路に面した大きな窓から光が部屋中に入って、明るい雰囲気。


こちらはブン(BUN)。米粉の汁なし麺だ。
「豚肉」「魚」「野菜」から選べて、サイズもS・M・Lとある。
これは野菜のブンのMサイズ(1080円)。
さらに麺も、細麺(甘酢たれ、冷製)か太麺(醤油だれ、温製)からチョイス。
私のおすすめは細麺。甘酢たれが美味しく、また冷たい方がブンには合う気がする。
卓上にレモンと、生姜や魚醤などが入っているオリジナルソースが用意されているので、調整しながら食べるとさらに美味しい。
色とりどりの野菜がたっぷり食べられて、太る気配はまったくない。罪悪感もゼロだ。


もうひとつの麺料理、フォー(Pho)。おなじみ米粉の平打ち麺入りスープだ。
「鶏肉」「魚介」「野菜」から選べて、同じくサイズもS・M・Lとある。
写真は鶏肉のフォーMサイズ(980円)。
とにかくスープが清くて澄み切っているのに、コクがあって美味。
最後の一滴まで残さずいただける。
卓上のソースなどで調整してもいいが、私はレモンのみ軽くしぼるのがオススメだな…


また本日はサイドディッシュに、新作「椰子ジュースの東坡肉ご飯」(ベトナム風角煮)500円も追加。
椰子のジュースで炊いたジューシーなご飯の上に、角煮とパクチー、あとサンカクマメの炒め物が乗っていた!
うーん、デリシャス。


ちなみにちょっとここで「太…」という文字が一瞬頭をかすめたが、
迷わずオリジナルスイーツも追加注文。
「豆乳ココナッツプリン」400円。
まろやかで美味しすぎる魔性の食べ物だった。
こんな小さな器じゃなくって、ボールごと出してくれても、わたくし良くってよと思う。
ううん、これは太らない。なぜなら、これは豆乳なのだから!と心の中でリフレインが叫んでる。


ちなみにブンとフォー以外にも、#3Noodle (サードヌードル)というメニューも存在する。
日替わりランチといったところか。
ちなみにこの写真は「牛肉とトマトの辛味噌和え麺」Mサイズ(1140円)。
食欲を誘うこのカラフルさ。そして、ヘルシーな味わい。
↓またあくる日は「夏野菜のトムヤムヌードル」だった。


手書きの黒板メニューも美味しさを盛り上げてくれる。
トッピングもいろいろ追加できる。


ブンのほか、Com(豚ひき肉のそぼろ、ベトナム風ライスボックス)、BOX(Comに生春巻1/2を追加したもの)テイクアウトもできるらしい。忙しい時、便利そう。


残念ながら、この日マーラーカオはなかった。ぜひ次回は食べたい。


一度見たら忘れない外観。
千駄ヶ谷小学校が道路を隔てた向かいにあって、景色が広々として緑がワサワサと目に飛び込んでくる。
このお店の開放的で、気持ちのいい空間も気に入っている。
ベトナム料理といっても、サンフランシスコとかアメリカ西海岸の匂いがする。
(行ったことないけど)

どこから集まってきたんだろうというくらい、草食系男子&女子、また近所のおばさま方、
子供連れのファミリーでいつのまにか、にぎわっている。
野菜たっぷりのランチを食べたい人を引きつける、すごい吸引力があるみたい。
草食系ホイホイとでも言おうか。
なんか、野菜って体が欲するものなのかも。
かくゆう私も、多分また2日後あたり、また吸い寄せられる予定。

Pho 321 Noodle bar(フォー スリー ツー ワン・ヌードルバー)
住所|〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-35-9 ♯102
電話番号|03-6432-9586
営業時間|11時30分〜20時(19時30分オーダーストップ)
定休日|日曜